プロミス即日

プロミスで即日融資を受ける方法

    

今までに、大手消費者金融数社にカードを申し込んだ経験がありますが、即日中にお金を借りたいなら書類が完備していることが何よりの条件ではないでしょうか。

個人信用情報機関の利用履歴に異動情報が残っていたりしますと、審査は厳しくなりますが、それに該当していなければ審査は通り易いです。

即日融資でお金を借りるなら、プロミスの自動契約機コーナーに出向いて手続きするのがお勧めです。

直接出向く手間はありますが、コンタクトセンターと連絡を取りながら手続きを進めていきますので、スムーズに事が運びます。何よりのメリットは、即日でカードが発行されますので、郵送物による家族バレを防げますよ。

カードの他に、郵送物で届くのが契約書類ですが、電子データ扱いにすれば郵送物が自宅に届くことがありません。

プロミス 即日【注意点】

ここで注意しておきたいのが、連絡先のメールアドレスではないでしょうか。パソコンは、家族と共用して使っている場合も多く、勘が鋭かったりパソコンに詳しい家族がいれば、ちょっとした異変が仇となりバレしまうことも。

連絡先のメールアドレスをスマートフォンに設定しておけば、バレる確率はぐんと減りますよ。

即日融資でお金を借りたいなら、自動契約機に出向くことが手っ取り早いのではないでしょうか。今までに、プロミスのカードを2回申し込みした経験がありますが、ともに1時間程度でカードが発行されました。

プロミスでキャッシングした女性
 

プロミスでの即日融資までの流れ

先週に、消費者金融のプロミスに行きましたが、カードはその場で即日発行され融資可能になりました。契約時に必要な書類は運転免許証や健康保険証などの身分証明書とになります。居住している証明と勤務している証明が確認されますので、両方の書類を持参すればなお確実です。

自動契約機でお申し込みをしましたが、氏名や電話番号を入力してから申し込みが始まります。自動契約機から申込書がでてきますので、住所・勤務先・他社借入残高などの必要事項を記入が終えたら、備えつけの受話器でコンタクトセンターへ連絡を取ります。

しかし、自動契約機は利用したことがない方にとっては、時間がかかってしまうもの。事前にWEBで申し込みしておけば、スムーズに手続きが進みますよ。WEBの申込は、ネットショッピングや資料請求の同じような入力フォームですので、手続きも煩雑ではありません。

その後、本人コンタクトセンターから身分証明書を提示されますので、備え付けのスキャナーでスキャンします。自動契約機に出向く前に、証明書の住所の記載が前住所になっていないか確認しておきましょう。

消費者金融ではありませんが、今までに申込手続きで運転免許証の住所の変更手続きを忘れていたため、申込に時間がかかったことがあります。特に、ペーパードライバーは車を運転する機会がないので、住所変更手続きをうっかりと忘れてしまう人もいますし、私もそうでした。

万が一、運転免許証が現住所になっていない場合は、健康保険証などが身分証明書の代わりとして使えますので、それを備え付けのスキャナーでスキャンします。

いよいよ、本審査の開始になりますが、問題がなければ30分程度でその場でカードが発行されますよ。

先週に、プロミスの自動契約機でカードの手続きをしましたが、本審査の時に収入証明書類の提示を受けましたので、直近の給与支払明細書2~3か月分も同時に持参すれば、審査もスムーズに進みますよ。
 

プロミスで収入証明書が不要な金額は?

消費者金融によっては、属性により借入限度額が変わってくることもあり、借入の条件(50万円超える融資や、多社を含めて借入残高が100万円を超えるもの)に当てはまらなければ、収入証明書は不要です。

先月に自動契約機を通して、プロミスカードを申し込みましたが、確認された事項は現在の勤務状況や借入する目的などを質問されましたが、内容はさほど難しいものではありませんでした。

お金の調達する方法は、諸費者金融をはじめとしてクレジットカードのキャッシングなどがありますか、その中でもとりわけ審査が甘いのが、消費者金融であり総量規制に引っ掛かったり、金融ブラック状態でなければ、余程のことがない限りほぼ融資可能と捉えて間違いありません。

最近の消費者金融のサービスは、内容も充実していて、例えばお金を借入する際のATM手数料は、専用のATMを利用すれば曜日や時間帯にかかわらず無料ですし、借入単位も1,000円単位で取り扱っていますので、使い勝手が良いです。

普段はお金に困っていないが、特に年始は新年会や同窓会などが開かれる時期でもあり、飲み代はお金がかかるもの。

例え、ギャンブルは一切しなくても、「飲み代」は普段の生活でもお金がかかるため、飲み会のハイシーズンであれば飲み代に月3~4万かかるのも珍しくありません。

消費者金融のキャッシングは、飲み会でどうしてもお金が必要な時にとっても強い味方ですよ。その他にも、給料が入れば随時返済も受け付けていますので、無駄に利息を取られることもありません。