プロミス即日

プロミスで即日融資を受ける方法

    

プロミスでは在籍確認の電話なしで借りることができる?

キャッシングの審査では、申込みを行った人の職場まで電話を掛けて在籍確認をするのが通例となっていますが、プロミスではこの電話による在籍確認なしで契約することができる方法があります。

その方法とは、申し込み時に職場への在籍証明となる書類を一緒に提出することです。これによって在籍確認の電話をする必要が無くなり、職場へ電話が掛かってくることなく契約が行えます。

この必要になる書類とは、職場から支給されている社会保険証、もしくは各種の組合保険証です。これは必須となり、その他に直近の給与明細票も必要になります。これらを用意できれば、職場への在籍確認の電話を回避することができます。

プロミス 即日【注意点】

ただし、申込み時に必ずその旨を伝えておく必要があります。単にそれらの書類を提出しただけでは電話で在籍確認をされてしまうことがあるので、必ず申込みを行う際に”職場への在籍の証明はこれらの書類で行って欲しい”と伝えてください。

申込みに自動契約機を利用する際にはインターホンでのやりとりの中で、電話の場合も同様に、そして、郵送やネットからの申込みではどこかにその旨を必ず記載しておいてください。

また、在籍確認を書類で行う理由を尋ねられることがあります。この場合には、”職場に私用の電話が掛かってくると困るので”などと答えておけば問題ありません。プロミスの在籍確認の電話は個人名で掛かってきますが、実際にそのような電話は困る場合も多いので、特にその他に特別な理由が無い場合にはこの理由が一番です。

プロミスでキャッシングした女性
 

 

プロミスで収入証明書不要で契約を行うには?

キャッシングの利用時には本人確認書類の提出が必要ですが、場合によってはそれと併せて収入証明書も必要になることがあります。

それは、消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する時に、申し込み金額が50万円を超える場合、または既にそのようなキャッシングを利用していて、その金額と今回の希望金額を合わせて100万円を超える場合です。このような場合の収入証明書の提出は、貸金業法によって義務付けられています。

よって、これらのケースに該当しなければ、プロミスで契約時に収入証明書が必要になることはありません。他社からの借入が一切なければ、希望金額が50万円以下(50万円も含む)なら本人確認書類だけで契約を行うことができます。

ですが、これは会社員や公務員、またはアルバイトなどの給与所得者の場合です。自営業者や経営者の場合は話が変わり、希望金額に関わらず収入証明書の提出を求められます。

これには確定申告書や所得証明書(課税証明書)、住民税の決定通知書のどれかが必要になります。給与所得者で提出が必要な場合は、これら以外に会社から貰える源泉徴収票、または直近の2ヶ月分の給与明細票(賞与がある職場の場合は直近の1年分の賞与明細書も一緒に)も利用することができます。

(出典 プロミス即日融資の方法まとめ
 

プロミスはメリットありますが、デメリットもある

融資額が総量規制の対象となってしまい年収の3分の1までしか借りられないのですが、この3分の1とはすべての合計金額となります。

総量規制というのは、法律で定められている賃金業法で個人にお金を融資する時の規制で、借りすぎてしまって借金地獄に陥らないためにできた法律です。これは、デメリットと言えないかもですが借りられる金額に関して言えばデメリットになります。

お金を借りる前にどうしても避けられないのが審査です。プロミスの審査は、甘くないので以前に金融事故がある人だと厳しいと言えます。即日融資を希望して通る人もいれば落ちる人もかなりいますがそこには、厳しい審査で決まってしまうのです。

特に他から借り入れていてたり多重債務がある人には審査に落ちることがかなりあります。金利に関しては、他社と比べればまだ低いと方ですが、大手の銀行と比べた時は高くなってます。

一般的に銀行のカードローンは、最高の金利でも14%に対してプロミスは17.8%とかなり高いのです。全てがデメリットとは言い難いですが、大手の銀行と比べるとやはりデメリットの部分が目立ちます。

実際にキャッシングを検討するときは、よく調べてから申し込みをする事をお勧めします。